乾燥肌とエイジング対策に!「オイル美容」おすすめ

美容

こんにちは。

「はぴらき」です。

このサイトは、毎日の暮らしを心豊かにする美容や健康をはじめとした暮らしの情報を発信していきます。

さて、当ブログの管理人「はぴらき」はもともと乾燥肌。

それに加えて年齢も重ねて、肌のくすみやシミ、毛穴のケアも深刻な問題になってきました。

そこでこのサイトの第1弾として、その対策に近年、注目されている「オイル美容」にスポットをあててみましょう。

 

「オイル美容」ってなに?

その名の通り、オイルを使った美容法で、1本で全身がケア完了する万能アイテムです。

お顔のスキンケアだけでなく体や髪に、そしてマッサージや洗髪時、髪を乾かすときにと重宝します。

ちなみに、マッサージの時に使う植物性のオイルを「キャリアオイル」と呼ぶこともあります。

現在のスキンケアに少し加えたり、クレンジングの代わりと、気軽にスキンケアに取り入れられますね。

 

オイル美容のメリットとは?

 

良質な油分を皮脂の代わりとなって肌に水分を閉じ込める、それがオイル美容。

まさに「オールインワン化粧品」「万能なコスメ」ともいえます。

オイル美容によってこのような効果も期待されます。

  • 浸透力が良く肌をふくらと保つ
  • 肌のバリア機能をアップさせる
  • 過剰な皮脂の分泌を抑える
  • お肌へ栄養を与える
  • 表皮の新陳代謝が促進され、透明感が出る
  • 肌が柔らかでなめらかになる

 

オイルの使い方に決まりはないので、いろいろ試して自分に合った使い方を見つけるのも楽しいですね。

肌の乾燥やエイジングの悩みの改善に、オイル美容を毎日のケアに取り入れてみませんか?

代表的なオイルの種類と特徴

ホホバオイル 皮脂バランスととのえ、抗酸化作用が高い。低温になると固まるが品質に問題はない
アルガンオイル 抗酸化作用が高く、エイジングケアに適したオイル。アレルギー反応を鎮め、女性ホルモンの間接的調整作用あり。
ローズヒップオイル エイジングケア、抗炎症作用など高い美容効果が魅力。独特の香り。酸化に弱い。
オリーブオイル 食養としてもおなじみ。グレードがいくつかあるので、お肌には 必ずスキンケア用のものを。オレイン酸豊富で美肌効果◎
グレープシードオイル 粘度が少なくキャリアオイルとしてもよく使われる。クセがなく使い勝手のよいオイル。
馬油 やけどの薬として古くから使われていた。浸透性が良いが独特の香り

注意点はあるの?

気楽に毎日のケアに取り入れられそうなオイル美容ですが、気をつけたいポイントがいくつかあります。

同じオイルにもさまざまな品質がある。

同じ名前のオイルにも市場に出回っているものをみると、価格に差がありますね。

抽出方法や独自の製法、不純物の混入の問題、粒子の細かさなどによって品質や価格に差が出てきます。

確かに天然オイルは高価であるとかクセがあるなど加工されてないがための欠点もありますが、やはり様々な美容成分が入っている純度100%のものをおすすめします。

フェイスケアににオイルを用いる場合は、多少お値段が高めでも品質の良いものをお勧めします。

また、防腐剤やアルコールが入っていないか、コールドプレス(低温圧搾)の手法で作られているか。こういった点も考えて選びたいですよね。

100%天然だから必ずしも肌に合うとは限らない

100%天然の植物から作られたといえ、必ずしも万人の肌にも合うとは限りません。

肌質により、トラブルが起こる可能性もあります。

あらかじめ目立たない場所でバッチテストを行うことをお勧めします。

痒みや炎症などを感じたら直ちに使用をやめましょう。

保存方法、使用期限に注意

最大の問題は酸化です。酸化により品質が劣化し、お肌にもトラブルを起こします酸化しにくいオイルはホホバオイル、椿油、オリーブオイルなどです。

常温でも可能ですが、酸化しやすいオイル(例えばローズヒップやグレープシードオイルなど)は、冷蔵庫での保存が基本。普通は2ヶ月位。使用期限が明記されている場合はそな従ってください。

日中に使うオイルの酸化に注意

「グレープシードオイル」「ローズヒップ」「馬油」「亜麻仁油」など必須脂肪酸が多く含まれているオイルは酸化しやすく、日に当たることでシミやくすみをつくる可能性があります。

アロマオイルも種類によって油焼けの危険があります。日中の使用はやめておいたほうがいいですね。夜のケアに使いましょう。

結局、行きつくのはホホバオイル

近年、注目されているオイル美容で、おすすめのオイルは何がいいでしょうか。

調べるほどに奥の深いオイルの世界ですが、管理人のおすすめはずばり! 「ホホバオイル」です。

 

 

 

 

 

 

ホホバオイルは自然のなかで最も皮脂に近いといわれます。医療現場でもアトピー性皮膚炎の治療、そして外科手術の場面では人口心臓の潤滑油にも使われているそうです。

メキシコ北部原産のシモンジア科(ホホバ科)の「ホホバ」の木の種子から取れる油です。保湿などの機能性のよさで、ヘアケアや化粧品にもよく使われています。

保湿成分としては、同じ植物性のオイルでオリーブオイルもありますが、肌へのなじみ、香りや安定性でホホバオイルが選択されるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの先住民であるネイティブアメリカンは、強烈な日差しから肌を守るために塗ったり、やけどの治療に使うなどオールマイティなホホバオイル使用の達人です。

彼らは、このオイルを「聖薬」として位置づけていたそうです。

「万能オイル」ホホバオイル 使い方

このように本当にたくさんの使い道のあるホホバオイルですが、ここでは基本的な使い方を紹介しましょう。

 

 

 

 

クレンジング

オイルなので、メイクとなじみやすく毛穴の汚れまで浮かせてくれると言われます。

クレンジング方法
濃いアイメイクなどは先にリムーバーで落としておきます。
500円玉位のホホバオイルを手に取って肌になってなじませます。
気になるTゾーン、ほほ全体からあご、唇、最後に目もとのアイメークを落とすために指の腹指でくるくると回同じ描くようになじませます。
顔全体になじませて白く白濁してきたら、ぬるま湯で洗い流します。

ヘアケア

洗髪後、タオルで髪の水気をしっかりとります。ドライヤー前に、手で温めたオイルを1~2滴毛先に塗り優しくブラッシングします。
ドライヤーで乾かすとき熱によるダメージから守り、サラサラでつやのある髪になります。

ほかにシャンプー前のトリートメントとして、またたっぷり目につけて頭皮のマッサージと多様な使い方もできます。

保湿

お風呂から上がったらホホバオイルを塗ります。水分の蒸発を防ぎ防ぎ、肌の水分を保ってくれと言われます。お風呂上がりの水分が残っているお肌にホホバオイルを全体に馴染ませる使って使い方が簡単でオススメです。

また、入浴中に大戸中でマッサージするバスオイルとしての使い方もお勧めです。入浴をして体を温めた後お湯の中でマッサージしたいところにオイルを塗ります。最後に体を洗い洗顔も行います。マッサージをたっぷりすることで新陳代謝が促されます。スキンケア

スキンケアとして

・美容オイル

化粧水のあとに美容オイルとして少量のオイルを手に取ってお顔になじませます。
オイルをお肌に入りきるまで、成分が浸透するイメージで刷り込みます。スキンケアのあと冬場はそのあと乳液やクリームなどで仕上げます。

・ポイントメーク落とし

ホホバオイルをコットンや手でつけてしばらく置きます。メイクの汚れが浮いてきたら、そのままクレンジング剤で落とし、水で洗い流します。

そのほかニキビ、毛穴のつまり、日焼けなどのお肌のトラブル、赤ちゃんのスキンケアとしても万能です。

ホホバオイルの選び方

ホホバオイルはお手頃な値段で無印良品でも扱っています。とても身近なオイルですが、美容オイルとして使うためにどんなところを見て選んだらいいでしょうか。

 

 

 

 

 

ホホバオイルは大きく2種類

精製された「透明のホホバオイル」と、未漂白・未精製の黄色い「ゴールデンホホバオイル」です。

精製された無色のホホバオイルは、熱を加えるので栄養が失われます。化学処理を行う場合もあり、化学薬品の残留の点から安全性が下がる可能性あります。

精製されたホホバオイルは、無色透明のため「クリアホホバオイル」とも言われます。

一方、未精製のものは低温・低圧で搾られるため、ホホバの実の栄養が残り黄金色をしています。こちらは「ゴールデンホホバオイル」と言われます。

品質が高いと言われるのは未精製のものですが、独特の香りが苦手だという方や価格も考慮して選ばれたらいいですね。

おすすめのホホバオイル

管理人も色々美容オイルを試してきましたが、行きついたのは「ナチュラルオーケストラ」のホホバオイルです。

公式サイトにも詳しく情報が載っています。

NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」

ナチュラルオーケストラのホホバオイル

優先する内容は個人個人で違いますが、私は品質がよく安全性が高いものをお勧めします。

そしてやはり、一度は最高のオイルを経験してほしいものです。

数々の雑誌でもとりあげられているのが「ナチュラルオーケストラ」のホホバオイル。本当に上質なホホバオイルです。

そしてなんといってもオーガニック認証があるのも見逃せません。

コスメ先進国フランスのもっとも権威のある国際的なオーガニック製品の認証機関「ECOCERT(エコサート)」、オーガニックと自然化粧品の世界統一基準「COSMOS(コスモス)」の二つの審査機関の基準を通っています。

使用原料がオーガニックというだけでなく、認定を受けた工場での製造ということやブランドとしてもオーガニック認定を受けています。

また、低温低搾法で抽出し、充填するという製法にもこだわりがあります。こうした企業としての取り組みは、ナチュラルオーケストラの公式ホームページからも伺えます。

こちらからご覧ください。


↑ 画像をクリック ↑

 

 

NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」
の口コミをみてみました。評判もいいようですね。

 

 

View this post on Instagram

 

Natural Orchestra 4本目突入中 肌を褒めらるようになったのは これのおかげ?

widcomoraさん(@widcomora)がシェアした投稿 –

 

 

 

View this post on Instagram

 

. NATURAL ORCHESTRAのホホバオイルを買いました。 . コールドプレス(低温圧搾法)で抽出した未精製のオイルで、ECOCERT(フランスの有機認定機関)とCOSMOS(ヨーロッパ統合有機認定機関)からオーガニック認定を受けています。 . . オーストラリアのお土産でもらったホホバオイルが残り少なくなったので、その代わりになるものを探してこれにしました。 . ホホバオイルいいですね。 オーストラリア産のホホバオイルはわたしの髪質に合っていて、べたつかずサラサラになります。 . ナチュラルオーケストラの方はイスラエル産なので使用感が違うかもしれませんが期待しています。 . #ホホバオイル #オイル #オーガニック #ヘアケア #スキンケア #ナチュラルオーケストラ #化粧品 #暮らし #jojobaoil #naturalorchestra #haircare #hairtreatment #skincare

Miukoさん(@mk4.spring)がシェアした投稿 –

 

 

 

View this post on Instagram

 

おすすめオイル第2弾! natural orchestraの ホホバオイル‼️ 。 ホホバオイルは黄色いものを選びましょう。 無印のもいいんだけれど。。 よりナチュラルでオーガニックなコールドプレスのものがやはりおすすめ‼️ 。 日本で唯一、 [ECOCERT] 世界最高権威フランス有機認証機関 [COSMOS] ヨーロッパ統合有機認証機関 2機関の厳しい基準をクリアーし、オーガニック認定を受けたホホバオイルです。 こちらもこれだけで試しました🌝 肌がしっとり柔らかくなる。 そのまま首や髪にも伸ばせて潤う。 パックもいいかも。 クレンジングとして試してもよし。 ニキビケアにもよし。 アトピーの方にもいいみたいです。 安全性に優れた信用できるオイルだと思います👍 子供産んだ人しか分からないかな。 会陰マッサージや、子供にも安心して使えると思います。 是非試してみてください! 第3弾はおすすめクレンジングオイル! お楽しみに♪ #naturalorchestra #ナチュラルオーケストラ #ホホバオイル #万能オイル #オイル美容 #おすすめコスメ #ecocert #cosmos

RYOさん(@ryohairmake)がシェアした投稿 –

 

  • お風呂でオイルパックをしたら鼻の毛穴が目立たなくなってきた。
  • 悩んでいたニキビができなくなった。
  • 毛穴に大目につけてマッサージしたら角栓がおちてきた。
  • 肌がワントーン明るくなった。

など、毛穴の汚れ、ニキビに効果を感じるという評判を多く見ました。

一方で、

  • 匂いがすきではない。
  • 期待していたほど効果を感じなかった。

という意見も数少ないですが、いくつか見られました。

万能ではあるかもしれませんが、万人に好まれるわけではないのはこのホホバオイルにもあたります。

それでもかなりの高評価と感じました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました